協会スローガン

「智あるものは智を、財あるものは財を、力あるものは力を」

これは恩賜財団同胞援護会がスローガンに掲げていたものです。このスローガンを我々が引き継ぎ活動していきます。

援護会が目的としていた戦争犠牲者やその家族への経済的援助などについては除きますが、児童福祉や社会奉仕という面ではその思いを繋ぎます。

上毛かるたは群馬県民の宝です。時代は移ろい、便利な世の中となり娯楽も増えました。しかし、上毛かるたの本質である「郷土を愛する心」というものはいつの時代になっても失ってはいけないものです。地方の発展なくして日本の発展はなりません。今一度、我々から郷土を見直そうではありませんか。

2021-04-21

Translate »

Copyright© 日本上毛かるた協会 , 2022 All Rights Reserved.